じゅしんのコツ

 CRPは肝臓で作られる蛋白のひとつで、体内に炎症がある時に産生が増えるため、血液中の量が多くなります。細菌による病気だけでなく、ウイルスによる病気でも、リウマチなどの自己免疫疾患(自分の体を攻撃する抗体を作ってしまう病気)でも炎症は起きるため、たくさんの病気でその勢い(重症度)の目安になります。
 子供であっても大人であっても、CRPの基準値は0.0~0.4㎎/dlです。カゼをこじらせて肺炎になり入院した場合に例えると、熱が出ていないような軽いカゼでCRPは上昇しません。カゼではあっても熱が2~3日続くと、CRPは2~3まで上昇します。軽い肺炎や気管支炎になると、CRPは7~8まで上昇します。CRPが10以上になると入院を要することが多くなります。ただし、新生児や乳児ではCRPや白血球の上昇が少し遅れることがありますから、慎重に経過を見る必要があります。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る