じゅしんのコツ

 中学生から高校生の子供を持つご両親から、「小児科では何歳まで診てもらえるのですか?」という質問をよく受けます。医師国家試験をパスしている医師に、診てはいけない年齢や病気は一切ありません。しかし実際の所、年齢が違うと病気の種類がかなり違ってきますので、全年齢の全病気を十分に診ることは不可能です。
 小児科は「発育の終了するまで」を原則としますので、中学校終了までと考えるのが一般的です。しかし、高校生は精神的な発達段階であり、小児科で診ることも変ではありません。高校生になると、赤ちゃんや子供と同じ場所で待つことを嫌がり、内科へ鞍替えすることが多いようです。ただし、子供の時から続いている病気を持っている場合などでは、ずーと小児科に通っている子供もいます。小児科から内科へ鞍替えする時には、継続して診ていく必要のある病気に関して、これまでの治療・経過や今後の方針・予想を小児科から内科へ伝達してもらうことが大切です。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る