じゅしんのコツ
病気の状態が変化したのが夜だったり、通っているお医者さんがお休みの日だったり、病気が長引いた時に、他のお医者さんに受診することがありますね。その時には、前のお医者さんでのお薬の内容や検査の結果が書いてある紙を持って受診しましょう。そして、その紙を最初からお見せ下さい。前の検査結果が分かっていれば、追加した方が良い検査を選べますし、今回の検査結果との比較もできます。前のお薬の内容が分かっていれば、このお薬を服用した上でこの状態になっていることを確認できますし、新しいお薬との飲み合わせの悪さも防げます。子供さんの診療のためですから、お母さんが恥ずかしがったり遠慮する必要はありませんよ。特に、お父さんが付き添って受診された時に、このような資料の紙を持って来られないことが多いようです。
[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る