じゅしんのコツ
小児科外来に子供さんを連れてこられるのは、お母さんやおばあちゃんが多いのですが、もちろんお父さんの時もあります。「お父さん、○○はありましたか?」と尋ねると、「おい、自分のことだから自分で答えろ!」と子供さんに質問を振られることがよくあります。お母さんに、「病気になったから病院へ連れてってね」と言われただけなのでしょうね。病気を探して治療するためには、問診(症状を聞く)と、診察(状態の確認)、検査の三つが大きな柱です。どれが欠けても、良い治療にはなりません。お父さんに病院へ子供さんを連れて行ってもらう時には、どんな症状がいつからあったかをメモしてお父さんに渡してください。
[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る